2009年01月19日

高みへと向かう希望(The Audacity of Hope) ― 2004年民主党大会でのオバマ氏基調演説全文翻訳

ここ二ヵ月ほど忙しい日々が続いていたのですが、少し時間の余裕ができたので、週末の楽しみにオバマ次期大統領の演説をもうひとつ和訳してみました。ジョン=ケリー上院議員が大統領候補に指名された2004年の民主党大会での基調演説です(原文はこちら)。この演説のキーフレーズ "The Audacity of Hope" はオバマ氏の著作のタイトルにもなっていますが、直訳だと意味がなかなか伝わりにくい言葉です。「高みへと向かう希望」と訳してみましたがいかがでしょうか。今回は原文も併記しておきます(実際のスピーチで異なる部分は、主だったところだけ{}で囲んで追加しました)。

関連記事:「ハロー、シカゴ! − オバマ氏勝利演説の和訳」

関連記事:「オバマ大統領就任演説の和訳」


高みへと向かう希望

On behalf of the great state of Illinois, crossroads of a nation, land of Lincoln, let me express my deep{est} gratitude for the privilege of addressing this convention. Tonight is a particular honor for me because, let's face it, my presence on this stage is pretty unlikely. My father was a foreign student, born and raised in a small village in Kenya. He grew up herding goats, went to school in a tin-roof shack. His father, my grandfather, was a cook, a domestic servant{to a British}.

偉大な州イリノイ、国を行きかう道が交わるところ、リンカーンの地を代表し、この党大会で基調演説をする栄誉を与えられたことに対して、深い感謝の念を表します。今夜は、私にとって特別に光栄な夜です。なぜならば、―現実に向き合いましょう― 私がこの舞台に立つなんて、まったくありそうもない話だからです。私の父は外国からの留学生でした。彼はケニヤの小さな村で生まれ、育ちました。山羊の群れを世話しながら成長し、通った学校はトタンぶきの掘っ立て小屋でした。彼の父、私の祖父は、料理人、英国人の召使でした。

But my grandfather had larger dreams for his son. Through hard work and perseverance my father got a scholarship to study in a magical place: America, which stood as a beacon of freedom and opportunity to so many who had come before. While studying here, my father met my mother. She was born in a town on the other side of the world, in Kansas. Her father worked on oil rigs and farms through most of the Depression. The day after Pearl Harbor he signed up for duty, joined Patton's army and marched across Europe. Back home, my grandmother raised their baby and went to work on a bomber assembly line. After the war, they studied on the GI Bill, bought a house through FHA, and {later} moved west {all the way to Hawaii} in search of opportunity.

しかし祖父は、息子に対してはもっと大きな夢を抱いていたのです。ハードワークと忍耐によって、私の父は魔法の地で学ぶための奨学金を得ました。その地はアメリカ:昔から、そこに来たあまたの人々にとって自由と機会のかがり火であった国です。この国で学ぶ間に、父は母と出会いました。母が生まれた町は、世界の反対側にありました。カンザスです。彼女の父は、大恐慌の間中ほとんどを石油掘削と農場の仕事をして過ごしました。真珠湾攻撃の翌日、彼は兵役に志願してパットンの軍団に入り、ヨーロッパを横断して進軍しました。一方、故郷では、祖母が赤ん坊を育て、爆撃機の組み立てラインに働きに行きました。戦争が終わると、二人は復員軍人援護法を利用して学校に行き、FHA(訳注:連邦住宅局)の援助で家を買い、そして後に機会を探し求めて、はるか西、ハワイに移り住みました。

And they, too, had big dreams for their daughter, a common dream, born of two continents. My parents shared not only an improbable love; they shared an abiding faith in the possibilities of this nation. They would give me an African name, Barack, or "blessed," believing that in a tolerant America your name is no barrier to success. They imagined me going to the best schools in the land, even though they weren't rich, because in a generous America you don't have to be rich to achieve your potential. They are both passed away now. Yet, I know that, on this night, they look down on me with {great} pride.

そして彼らもまた、娘に対して大きな夢を抱いていました。同じひとつの夢がふたつの大陸で生まれたのです。私の両親が共有したのは、あまりありそうもない[組み合わせの]愛にとどまりません。この国が与える可能性への揺るぎのない信頼も共有したのです。二人は私にアフリカの名前を授けることを望みました。バラクすなわち「祝福された者」。その時二人は、寛容なアメリカでは名前は成功への障壁にならないと信じたのです。二人はこの国で最高の学校に私が行くことを想像しました。彼らは裕福ではなかったにもかかわらず。なぜならば、物惜しみしないアメリカでは、可能性を開花させるのに金持ちである必要はないからです。彼らはともにもう世を去りました。それでもなお、私は知っています。この夜、二人が大きな誇りを持って私を見下ろしていることを。

{They stand here, and}I stand here today, grateful for the diversity of my heritage, aware that my parents' dreams live on in my {two} precious daughters. I stand here knowing that my story is part of the larger American story, that I owe a debt to all of those who came before me, and that, in no other country on earth, is my story even possible. Tonight, we gather to affirm the greatness of our nation, not because of the height of our skyscrapers, or the power of our military, or the size of our economy. Our pride is based on a very simple premise, summed up in a declaration made over two hundred years ago, "We hold these truths to he self-evident, that all men are created equal. That they are endowed by their Creator with certain inalienable rights. That among these are life, liberty and the pursuit of happiness."

受け継いだものの多様性に感謝しながら、そして両親の夢が私の大切な娘たちの中に生き続けていることを感じながら、私は今日ここに立っています。私の物語がさらに大きなアメリカの物語の一部であることを、また、私より先に来たすべての人に対して私が負債を負っていることを、そして、この地上で、他のどの国においても、私の物語は存在の可能性すらなかったことを承知しながら、私はここに立っています。今夜、私たちは、私たちの国の偉大さを確かめるために集まりました。私たちのこの国は、摩天楼の高さのゆえに、軍隊の力のゆえに、経済の規模のゆえに偉大なのではありません。私たちの誇りは、とてもシンプルなひとつの前提に基礎を置いています。それは、二百年以上も前に作られたひとつの宣言に要約された前提です:「我々は以下の真実を自明のものとして支持する。すなわち、すべての人は平等に造られ、侵すことのできない権利を創造主から与えられている。その権利には、生命、自由、そして幸福の追求が含まれている。」

That is the true genius of America, a faith in the simple dreams of its people, the insistence on small miracles. That we can tuck in our children at night and know they are fed and clothed and safe from harm. That we can say what we think, write what we think, without hearing a sudden knock on the door. That we can have an idea and start our own business without paying a bribe or hiring somebody's son. That we can participate in the political process without fear of retribution, and that our votes will he counted - or at least, most of the time.

これがアメリカの本当の特質です。そこに住む人々のシンプルな夢に対する信頼、小さな奇跡へのこだわり。夜、子供たちを寝かしつけながら、この子たちの衣食が満たされ害悪から守られていると実感できること。思っていることを口にし、書けること。そしてそうしても、ある日突然ドアをノックする音を聞かずに済むこと。アイデアがあれば、賄賂を払ったり誰かの息子を雇ったりしなくとも自分の事業を始められること。報復を恐れずに政治プロセスに参加できること。そして、自分の票をちゃんと数に入れてもらえること ― 少なくとも、ほとんどの場合において。

This year, in this election, we are called to reaffirm our values and commitments, to hold them against a hard reality and see how we are measuring up, to the legacy of our forbearers, and the promise of future generations. And fellow Americans - Democrats, Republicans, Independents - I say to you tonight: we have more work to do. More to do for the workers I met in Galesburg, Illinois, who are losing their union jobs at the Maytag plant that's moving to Mexico, and now are having to compete with their own children for jobs that pay seven bucks an hour. More to do for the father I met who was losing his job and choking back tears, wondering how he would pay $4,500 a month for the drugs his son needs without the health benefits he counted on. More to do for the young woman in East St. Louis, and thousands more like her, who has the grades, has the drive, has the will, but doesn't have the money to go to college.

今年、この選挙で、私たちは、自らが奉じる価値と誓約を再確認することを求められています。厳しい現実を前にその価値と誓約を高く掲げ、先人たちの遺産と未来の世代への約束に照らして、自分たちがどれほどまでなし得るのかをこの目で見ることを求められています。そして同胞たるアメリカ人たちよ ― 民主党員、共和党員、無党派層のみなさん ―、今夜、私はあなたがたに申し上げる。私たちにはなすべき仕事がもっとあるのだと。イリノイ州ゲイルズバーグで私が会った労働者たちのためになすべきことがもっとある。彼らは、メイタグ社の工場での組合員としての仕事を失いつつある。工場がメキシコに移りかけているのです。そして今では、時給7ドルの仕事を自分自身の子供たちと争わなければならない羽目に陥っている。私が会ったある父親のためになすべきことがもっとある。彼は職を失いかけ、そして涙をこらえていました。当てにしていた医療費給付を失ったら、息子のために必要な薬の代金月々4,500ドルをどうやって払えばよいのかと途方に暮れて。イーストセントルイスのあの若い女性のためになすべきことがもっとある。そして彼女と同じような数千の人々のためにも。彼女は、良い成績と、学びたいという気持ちと、勉強する意志を持っている。しかし大学に進むお金を持っていないのです。

Don't get me wrong. The people I meet in small towns and big cities, in diners and office parks, they don't expect government to solve all their problems. They know they have to work hard to get ahead and they want to. Go into the collar counties around Chicago, and people will tell you they don't want their tax money wasted by a welfare agency or the Pentagon. Go into any inner city neighborhood, and folks will tell you that government alone can't teach {our} kids to learn. They know that parents have to parent, that children can't achieve unless we raise their expectations and turn off the television sets and eradicate the slander that says a black youth with a book is acting white. {They know those things.} No, people don't expect government to solve all their problems. But they sense, deep in their bones, that with just a change in priorities, we can make sure that every child in America has a decent shot at life, and that the doors of opportunity remain open to all. They know we can do better. And they want that choice.

誤解しないでください。小さな町で、大きな都市で、食堂で、オフィスパークで私が出会う人々。彼らは、自分たちが抱える問題すべてを政府が解決してくれることを期待しているのではないのです。成功するためには自分たちが仕事に励まなければならないと彼らは分かっているし、またそれを望んでいるのです。シカゴを取り巻く郡部に行ってみてください。そこの人々はあなたに言うでしょう。福祉機関やペンタゴンが俺たちの税金を無駄遣するのはいやだと。都心地区(訳注:スラム街が多い)のどこかに行ってみてください。そのあたりの人たちは、あなたに言うでしょう。政府の力だけで俺たちの子供の首根っこをつかまえて勉強させるなんて無理だよ、と。彼らは知っています。親たちが親の役目を果たさなければならないことを。子供たちが成功を収めるには、子供たちに高い望みを抱かせ、テレビを消して、本を持っている黒人の若者は白人のフリをしてるんだなどという誹謗を根絶やしにしなければならないことを。彼らはそんなことは分かっているのです。いいえ、人々は政府が自分たちの問題をすべて解決してくれると期待しているのではないのです。しかし彼らは感じ取っています、骨の髄で。優先順位をほんの少し変えれば、アメリカに暮らすどの子供にも、良い人生を送るためのちゃんとしたチャンスを与えることができると。そして機会の扉がすべての人に開かれているようにすることができると。私たちがもっとうまくやれると彼らは知っています。そしてその選択肢を彼らは望んでいるのです。

In this election, we offer that choice. Our party has chosen a man to lead us who embodies the best this country has to offer. That man is John Kerry. John Kerry understands the ideals of community, faith, and sacrifice, because they've defined his life. From his heroic service in Vietnam to his years as prosecutor and lieutenant governor, through two decades in the United States Senate, he has devoted himself to this country. Again and again, we've seen him make tough choices when easier ones were available. His values and his record affirm what is best in us.

この選挙で、私たちはその選択肢を提示します。私たちの党は、この国が提供し得る最善のものを体現する男をわたしたちのリーダーとして選びました。その男はジョン=ケリーです。ジョン=ケリーは共同体の理想、そして信念と犠牲を理解しています。これらが彼の人生を形作ってきたからです。ベトナムでの英雄的な貢献に始まって検察官および州副知事として送った数年に至る月日、そして合衆国上院での二十年を通じて、彼はこの国にみずからを捧げてきました。繰り返し繰り返し、容易な選択肢があるときもタフな道を選び取る彼の姿を、私たちは見てきました。彼が奉じる価値と彼の経歴を見れば、何が私たちの中で最善のものなのか、確認することができます。

John Kerry believes in an America where hard work is rewarded. So instead of offering tax breaks to companies shipping jobs overseas, he'll offer them to companies creating jobs here at home. John Kerry believes in an America where all Americans can afford the same health coverage our politicians in Washington have for themselves. John Kerry believes in energy independence, so we aren't held hostage to the profits of oil companies or the sabotage of foreign oil fields. John Kerry believes in the constitutional freedoms that have made our country the envy of the world, and he will never sacrifice our basic liberties nor use faith as a wedge to divide us. And John Kerry believes that in a dangerous world, war must be an option {sometimes}, but it should never be the first option.

ジョン=ケリーは信じています。ハードワークが報われる場所アメリカを。ですから彼は、仕事を海外に持ち出す会社にではなく、国内で仕事を創造する会社に減税を提供するでしょう。ジョン=ケリーは信じています。ワシントンの政治家たちが受けているのと同じ医療保障にすべてのアメリカ人の手が届くアメリカを。ジョン=ケリーは信じています。エネルギー面での自立の重要さを。ですから、私たちが石油会社の利益や外国の油田でのサボタージュの人質にされることはありません。ジョン=ケリーは信じています。憲法で保障された自由、私たちの国を世界の羨望の的にしてきた自由を。そして彼は、私たちの基本的自由を決して犠牲にせず、また、私たちを分断するくさびとして、信条[の違い]を利用するようなことを決してしないでしょう。そして、ジョン=ケリーは信じています。危険な世界では戦争を選択肢のひとつとしなければならない時もある、しかし、決して第一の選択肢としてはならないのだと。

A while back, I met a young man named Shamus at the VFW Hall in East Moline, Illinois. He was a good-looking kid, six-two or six-three, clear-eyed, with an easy smile. He told me he'd joined the Marines and was heading to Iraq the following week. As I listened to him explain why he'd enlisted, his absolute faith in our country and its leaders, his devotion to duty and service, I thought this young man was all any of us might hope for in a child. But then I asked myself: Are we serving Shamus as well as he was serving us? I thought of more than 900 service men and women, sons and daughters, husbands and wives, friends and neighbors, who will not be returning to their hometowns. I thought of families I had met who were struggling to get by without a loved one's full income, or whose loved ones had returned with a limb missing or with nerves shattered, but who still lacked long-term health benefits because they were reservists. When we send our young men and women into harm's way, we have a solemn obligation not to fudge the numbers or shade the truth about why they're going, to care for their families while they're gone, to tend to the soldiers upon their return, and to never ever go to war without enough troops to win the war, secure the peace, and earn the respect of the world.

少し前に、イリノイ州イーストモーリンにあるVFWホールで、私はシェイマスという名の若者に会いました。ハンサムで、六フィート二、三インチ(訳注:185〜187.5cm)、澄んだ眼と穏やかな微笑みを備えた若者です。海兵隊に入隊し、翌週にはイラクに向かう予定だと話してくれました。入隊した理由、私たちの国とそのリーダーたちに対する彼の絶対の信頼、任務と奉仕に対する献身的情熱について彼が説明してくれるのを聞きながら、私は、この若者には私たちのだれもが子供に望むことのすべてがあると考えていました。けれども続いて私は自問したのです:シェイマスが私たちに奉仕しているほど、私たちは彼に奉仕しているのだろうかと。私は、軍務に就いた900名以上の男女のことを考えました。息子たちと娘たち、夫たちと妻たち、誰かの友人であり、隣人であった者たち。彼らが故郷の街に帰ることはありません。私は、これまでに会ったいくつもの家族のことを考えました。愛する人の収入をそっくり失いながら何とか生きていくためにもがいている家族。あるいは、愛する人が手足を失って、神経をずたずたにされて帰ってきた家族。しかしそんな目にあってさえ、予備役だったからという理由で長期の医療保障を受けられない彼ら。若い男女を危険な場所に送り込むとき、私たちは、厳粛な責務を負うのです。数字をでっち上げず、彼らがなぜ行くのかについて真実を隠さず、彼らの不在の間、家族の面倒を見、帰還したときには兵士たちに心を配り、そして、戦争に勝って平和を確立し、さらに世界の尊敬をかち得るのに十分な兵力なくしては何があっても戦争に走らないという責務を。

Now let me be clear. We have real enemies in the world. These enemies must be found. They must be pursued and they must be defeated. John Kerry knows this. And just as Lieutenant Kerry did not hesitate to risk his life to protect the men who served with him in Vietnam, President Kerry will not hesitate one moment to use our military might to keep America safe and secure. John Kerry believes in America. And he knows it's not enough for just some of us to prosper. For alongside our famous individualism, there's another ingredient in the American saga.

ここではっきり言っておきましょう。この世界には、現実に私たちの敵が存在します。これらの敵は見つけなければなりません。追跡し打ち倒さなければなりません。ジョン=ケリーはこのことを知っています。そして、ベトナムで戦友たちを守るために自らを死の危険にさらすことをケリー大尉がためらわなかったのとまったく同じに、ケリー大統領は、アメリカをしっかりと安全に保つためには、軍事力を用いることを一瞬たりともためらわないでしょう。ジョン=ケリーはアメリカを信じています。そして彼は知っています。単にわたしたちのうち一部の人間が繁栄するだけでは不十分であることを。なんとなれば、わたしたちの名高い個人主義と並んで、アメリカの物語にはもうひとつ別の成分があるからです。

A belief that we are connected as one people. If there's a child on the south side of Chicago who can't read, that matters to me, even if it's not my child. If there's a senior citizen somewhere who can't pay for her prescription and has to choose between medicine and the rent, that makes my life poorer, even if it's not my grandmother. If there's an Arab American family being rounded up without benefit of an attorney or due process, that threatens my civil liberties. It's that fundamental belief - I am my brother's keeper, I am my sister's keeper - that makes this country work. It's what allows us to pursue our individual dreams, yet still come together as a single American family. "E pluribus unum." Out of many, one.

私たちはひとつの民として結び付けられているという信念。シカゴの南部に字の読めない子供がいれば、たとえ自分の子でなくとも、それは私にとって問題です。どこかにお年寄りの市民がいて、処方された薬の代金を払えず、薬か家賃かの選択を余儀なくされているとすれば、たとえ自分の祖母でなくとも、そのことは私の人生をみじめなものにします。アラブ系アメリカ人の家族がいて、弁護士や適正な法手続きの恩恵を受けることなく検挙されるとしたら、それは私の市民としての自由を脅かしているのです。この国がちゃんと動いているのは、この基本的な信念 ― 私は自分の兄弟の守り手、自分の姉妹の守り手であるという信念 ― のおかげです。この信念があってこそ、私たちは自分個人の夢を追求することを許され、しかもなお、ただひとつのアメリカの家族としてまとまることができるのです。"エ・プルリブス・ウヌム." 多数からなりながら、ひとつ。

Yet even as we speak, there are those who are preparing to divide us, the spin masters and negative ad peddlers who embrace the politics of anything goes. Well, I say to them tonight, there's not a liberal America and a conservative America - there's the United States of America. There's not a black America and white America and Latino America and Asian America; there's the United States of America. The pundits like to slice-and-dice our country into Red States and Blue States; Red States for Republicans, Blue States for Democrats. But I've got news for them, too. We worship an awesome God in the Blue States, and we don't like federal agents poking around our libraries in the Red States. We coach Little League in the Blue States and have gay friends in the Red States. There are patriots who opposed the war in Iraq and patriots who supported it. We are one people, all of us pledging allegiance to the stars and stripes, all of us defending the United States of America.

にもかかわらず、私たちが話しているこの間さえ、私たちを分断しようと準備している者たちがいます。情報操作屋にネガティブ広告の売人たち。彼らにとって、なんでもありの政治は大歓迎です。よろしい、今夜、私は彼らにこう言います。リベラルなアメリカはなく、保守的なアメリカもない ― あるのはただ一つ、アメリカ合衆国だと。黒人のアメリカも白人のアメリカもラテン系のアメリカもアジア系のアメリカもない ― あるのはただ一つ、アメリカ合衆国だと。評論家連中は、私たちの国をタテに切ったりヨコに切ったりするのが好きです。そうしておいて赤の州と青の州に分けるのです。赤の州は共和党に、青の州は民主党にというわけです。しかし私も、彼らに聞かせるニュースを持っています。青の州でも偉大な神は崇拝されているし、赤の州でも図書館の周りを連邦捜査官がウロウロするのは嫌がられます。青の州にもリトルリーグのコーチはいるし、赤の州にもゲイの友人はいます。イラクでの戦争に反対した愛国者もいれば、賛成した愛国者もいるのです。私たちはひとつの民であり、全員が星条旗に忠誠を誓い、全員がアメリカ合衆国を守っているのです。

In the end, that's what this election is about. Do we participate in a politics of cynicism or a politics of hope? John Kerry calls on us to hope. John Edwards calls on us to hope. I'm not talking about blind optimism here - the almost willful ignorance that thinks unemployment will go away if we just don't talk about it, or the health care crisis will solve itself if we just ignore it. No, I'm talking about something more substantial. It's the hope of slaves sitting around a fire singing freedom songs; the hope of immigrants setting out for distant shores; the hope of a young naval lieutenant bravely patrolling the Mekong Delta; the hope of a millworker's son who dares to defy the odds; the hope of a skinny kid with a funny name who believes that America has a place for him, too. {Hope... Hope in the face of difficulty. Hope in the face of uncertainty.} The audacity of hope!

つきつめれば、今回の選挙の意味はここにあるのです。私たちは、シニシズムの政治と希望の政治、いずれに参与するのか。ジョン=ケリーは、希望を持つことを私たちに要請します。ジョン=エドワーズ(訳注:民主党副大統領候補)は、希望を持つことを私たちに要請します。私はここで、盲目的楽観主義について話しているのではありません。それは、私たちが口に出して話しさえしなければ失業はどこかに消え失せるだろう、そして、ただ無視していれば医療危機は自然に解決するだろうと考える、ほとんど意図的なまでの問題無視です。いいえ、私が話しているのはもっと本質的なことです。それは、火を囲んで座り、自由の歌を歌う奴隷たちの希望;はるかな岸に向かう旅に乗り出す移民たちの希望;勇敢にもメコンデルタを哨戒する若き海軍大尉の希望;運命にあえて楯突く工場労働者の息子の希望;アメリカには自分のための場所もあるんだと信じる、おかしな名前を持ったやせっぽちの子供の希望。希望...。困難に立ち向かう希望。不確実性に立ち向かう希望。高みへと向かう希望です!

In the end, that is God's greatest gift to us, the bedrock of this nation; the belief in things not seen; the belief that there are better days ahead. I believe we can give our middle class relief and provide working families with a road to opportunity. I believe we can provide jobs to the jobless, homes to the homeless, and reclaim young people in cities across America from violence and despair. I believe that {we have a righteous wind at our backs, and that} as we stand on the crossroads of history, we can make the right choices, and meet the challenges that face us. America!

つきつめれば、神が私たちに授けてくれた、これが最も大きな贈り物なのです。この国の土台;まだ見ぬものへの信頼;より良き日々が来るという信念。私は信じています。ミドルクラスの不安を取り除き、労働者の家庭には機会への道を用意することが、私たちにはできる。私は信じています。職のない者に職を、家のない者に家を提供し、アメリカ中の都市で暴力と絶望から若者を立ち直らせることが、私たちにはできる。私は信じています、私たちは正義の追い風を受けている。そして歴史の岐路に立って、正しい道を選びとり、私たちを待ち受ける挑戦に立ち向かうことが、私たちにはできる。

Tonight, if you feel the same energy I do, the same urgency I do, the same passion I do, the same hopefulness I do - if we do what we must do, then I have no doubt that all across the country, from Florida to Oregon, from Washington to Maine, the people will rise up in November, and John Kerry will be sworn in as president, and John Edwards will be sworn in as vice president, and this country will reclaim its promise, and out of this long political darkness a brighter day will come. Thank you and God bless you.

アメリカよ! 今夜、私と同じエネルギーを、私と同じ切迫感を、私と同じ情熱を、私と同じ希望のふくらみを、あなたに感じて頂けるならば、そして私たちが、なすべきことをなすならば、私は疑いません、この国のいたるところで、フロリダからオレゴンまで、ワシントンからメインまで、十一月に人々は立ち上がり、ジョン=ケリーが大統領として宣誓することを、そしてジョン=エドワーズが副大統領として宣誓することを、そしてこの国がその約束を新たにし、政治のこの長い暗闇から抜け出て明るい日が来ることを。ありがとう。そしてあなたに神の祝福を。

posted by keis at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会.オバマ氏演説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。